産経ニュース

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】韓国でまたも核武装論が再燃 「核には核で…」 父・朴正煕大統領も極秘裏に核開発を進めたが…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】
韓国でまたも核武装論が再燃 「核には核で…」 父・朴正煕大統領も極秘裏に核開発を進めたが…

 韓国で「韓国核武装論」が再燃している。合理性のみえない金正恩氏が「いつ、何をするかわからない」という不安、その一方で米国は「本当に核で韓国を守ってくれるのか」との不信もあるようだ。韓国には過去、未遂でおわった核武装の経験がある。1970年代、米軍の一部撤退で安保危機を懸念した朴正煕大統領が極秘裏に核兵器開発を進めた。結局、米国の圧力で朴政権は核を断念している。過去の経緯も知る米国の専門家は韓国の核武装論を「時代錯誤」と一蹴するが、北朝鮮の核武装が日本を含むアジアの「核ドミノ」を懸念する声もある。(久保田るり子)

核には核で!

 韓国で核保有論を展開している陣営が、その非現実性を認識していないわけではない。だが北朝鮮核開発の発覚から20年余、米国は全く頼りにならなかった。何の手も打てず、『結局、金正恩の核武装を許したではないか』という不満といらだちが募り、恐怖の悲壮感に変わりつつある。

 有力紙「朝鮮日報」は核実験(1月6日)後、2日間にわたって社説で「核武装の議論の必要性」を主張した。政界では与党有力議員が相次いで、在韓米軍の戦術核再配備や韓国独自の核開発を提議した。

続きを読む

関連ニュース

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】北朝鮮美女楽団のドタキャン帰国劇 中国当局はメンツ丸潰れ 金正恩氏のワガママ外交の行方は?

「ニュース」のランキング