産経ニュース

【赤字のお仕事】猫の手も「フォース」も借りたい訳語の苦悩

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【赤字のお仕事】
猫の手も「フォース」も借りたい訳語の苦悩

 昨年12月18日に公開された映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』。

 私は公開1カ月前のチケット争奪戦を勝ち抜き、初日に初回を見ることができました。小学校1年生の時に最初の作品であるエピソード4をビデオで見て以来、ことあるごとに全作を何十回も繰り返し見てきたので、どうしても、今回も初回をおさえておきたかったのです。

 1月14日時点でまだ5回しか見ていませんが、文句なしの大傑作だと思います。今回の『フォースの覚醒』がエピソード7で次の8の公開が来年の年末の予定らしいのですが、それまで待つことができないくらいです。

 さて、本題の「赤字のお仕事」に関係する話題に移らなければいけません。

 スター・ウォーズの世界では「フォース」という概念が出てきます。

 ご存じでない方に分かりやすく説明するならば、一種の超能力や魔法に近いものです(ファンにとっては魔法や超能力とはまったく別物であり、私もそれを十分心得ているのですが、あえてこの表現を使わせていただきます。申し訳ありません)。フォースを使うことによって触れていないものを動かしたり、超人的な動きや感覚を得ることができたりします。

続きを読む

「ニュース」のランキング