産経ニュース

【2018平昌五輪】迷走の五輪組織委 要職・競技部長がまたも電撃解任され、ますます不透明に

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【2018平昌五輪】
迷走の五輪組織委 要職・競技部長がまたも電撃解任され、ますます不透明に

ソウル市内では盛り上げに懸命だが、組織委の競技部長が解任されるなど平昌五輪は依然として前途多難(AP)

 2018年2月に韓国・平昌で開催される冬季五輪を巡る不祥事がやまない。2月に実施予定の最初のテスト大会の開催が不透明だが、それを統括する要職の競技部長がテスト大会1カ月前に電撃解任され、波紋が広がっていると、韓国・SBSが15年12月24日付で報じた。この部長がいわくつきだった。公募で一度は落選したが、5カ月後に就任。ところが、五輪組織委員会は8カ月後に職務怠慢を理由で解任したというのだ。あまりにも杜撰な運営にSBSも呆れつつも、テスト大会の開催が危ぶまれる中での緊急事態に危機感を募らせるばかりだ。

 SBSの報道によると、この競技部長をめぐっては不可解な部分が垣間見える。先代部長は、五輪組織委の幹部の人脈に関わる人物だったようで「業務能力が不足している」とか「天下りではないか」などの批判にさらされ続けたという。結局解任され、新たな部長を公募することになった。

 14年11月の公募に4人が応募した。しかし、適格者がいないという理由で全員が除外された。国家的イベントである五輪を直轄する競技部長の空席は由々しき事態であり、国会でも問題視された。このため、今回解任された部長が15年4月に新任部長として選任された。五輪組織委の説明では再公募した際に再び応募し、受験者の中で最も良いと判断して選抜したという。

関連ニュース

【スポーツ異聞】2018年に迫る韓国・平昌五輪にまたもや大問題…宿泊施設足らずVIPまでもソウルから2時間かけて通勤か?

「ニュース」のランキング