産経ニュース

【コミケ最新事情】TPP合意で同人誌はどうなる? 著作権強化で漫画・アニメの二次創作に残る不安

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【コミケ最新事情】
TPP合意で同人誌はどうなる? 著作権強化で漫画・アニメの二次創作に残る不安

国内最大規模の同人誌即売会、コミックマーケット。二次創作はプロの作家が育つ土壌となっている=昨年12月29日、東京都江東区 国内最大規模の同人誌即売会、コミックマーケット。二次創作はプロの作家が育つ土壌となっている=昨年12月29日、東京都江東区

 TPPの発効に備え、文化庁は今春の著作権法改正案とりまとめを目指しており、二次創作への影響には配慮される見通しだ。ただ、ユーザー側の表現活動にはコスプレやパロディー動画などさまざまあり、非親告罪の範囲設定が難しい面もある。文化審議会では、関係団体から「『原作のまま』『複製』することに限定」など明確化を求める意見のほか、「商業的規模」について「(出版部数など)数による線引きは難しい」との見解も出された。

 北海道大大学院の田村善之教授(知的財産法)は「著作権は厳格には行使されず、著作物をファクスやメール送信する企業内複製など“寛容的利用”により社会や経済が円滑に回ってきた。同人誌も厳密には違法だが同人と作家の互いの自制で微妙な均衡が成立しており、現状に収めるのが望ましい」と話している。

「ニュース」のランキング