産経ニュース

【モラルを問う】多機能トイレでAV撮影か 身障者団体がメーカーに「強く自粛を要望します」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【モラルを問う】
多機能トイレでAV撮影か 身障者団体がメーカーに「強く自粛を要望します」

 車いすのまま入れるスペースや、乳幼児のおむつ交換シートなどを備えた「多機能トイレ」。バリアフリーな社会を目指して設置が進んでいるが、“目的外使用”の可能性が指摘されている。多機能トイレを利用したアダルトビデオ(AV)の存在から、カップルが室内で性行為を行っている疑いも否定しきれず、身体障害者団体がAVメーカー側に製作自粛を求める事態に発展している。モラルの在り方が問われそうだ。

トイレから出てきたのはカップルだった

 中部地方に住む女性(50)の夫は(46)10年前、交通事故のため脳損傷を負った。高次脳機能障害と診断され、外出時は車いすを使う。排泄(はいせつ)や排尿の感覚にまひがあり、短時間に何度もトイレに行ってしまう。

 しかし、身障者用のトイレがふさがっていることが珍しくない。女性が特に疑問に思うのは、出てきたのが1人でないケースだ。

 「中からカップルが出てきたのを最初に見たときは、目が点になった。複数で入った人が、トイレ本来の目的のために使っているとは思えない。ふさがっているときに扉をたたいたらシーンとしてしまい、物音が一切しなくなったこともある。本当に困るからやめてほしい」

関連ニュース

【日本の議論】風俗業者阻止の犠牲? 「混浴禁止条例」に阻まれた障害者のヨクジョウ問題

「ニュース」のランキング