産経ニュース

【走り出す日本力】リニア最新車両に米高官も「輸送の奇跡だ!」と驚愕 新幹線の安全、快適の技術生かし…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【走り出す日本力】
リニア最新車両に米高官も「輸送の奇跡だ!」と驚愕 新幹線の安全、快適の技術生かし…

2015年4月21日に有人走行で世界最速となる603キロを記録した山梨リニア実験線の新型車両L0系(JR東海提供)

 日本の高速鉄道の輸出が着実に実を結んでいる。米テキサス州の鉄道事業に官民ファンドが出資するほか、インド初の高速鉄道計画に新幹線方式の導入が決定。米ワシントン-ボルティモア間での超電導リニア技術の導入の働き掛けにも力が入る。背景にあるのは新幹線に代表される安全性や定時運行、快適性を支えてきた高い技術水準だ。急速な拡大が予想される世界鉄道市場へ戦闘態勢を整える日本政府とメーカー、それを支えてきた新幹線の技術力からコンテンツ力、そして日本の鉄道の過去を教訓とした安全技術をリポートする。

 「これは“輸送の奇跡”だ」

 11月8日、山梨県内の実験線でリニア最新車両に試乗した米国のフォックス運輸長官から驚きの声が上がった。最高速度は時速505キロ、車内は静粛そのもの。「大変、印象深い日だった」。長官の称賛は試乗後も続いた。

 日本政府はJR東海と協力し、米政府に首都ワシントン-メリーランド州ボルティモア間での超電導リニア技術の導入を働きかけており、この日の試乗で、米国側との高速鉄道整備などを話し合う「日米鉄道協力会議」設置にこぎつけた。石井啓一国土交通相は「日本の技術の高さを実感してもらえたのでは」と手応えを口にする。

このニュースの写真

  • リニア最新車両に米高官も「輸送の奇跡だ!」と驚愕 新幹線の安全、快適の技術生かし…
  • リニア最新車両に米高官も「輸送の奇跡だ!」と驚愕 新幹線の安全、快適の技術生かし…
  • リニア最新車両に米高官も「輸送の奇跡だ!」と驚愕 新幹線の安全、快適の技術生かし…

「ニュース」のランキング