産経ニュース

【衝撃事件の核心】米軍機にレーザー照射は古くからの反基地活動家の常套手段だった! 早急な法と規制の強化を

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
米軍機にレーザー照射は古くからの反基地活動家の常套手段だった! 早急な法と規制の強化を

国内での航空機へのレーダー照射事例

 全国で航空機へのレーザー光線照射が相次いでいる問題で、米軍機にレーザーを照射した容疑で沖縄県警が7日、威力業務妨害容疑で映像制作会社経営の男を逮捕した。同様の手口は後を絶たないが、米軍基地に反対する一部活動家らによるとみられる「古くからある常套手段」(警察関係者)でもある。現在は高出力の強力レーザー光線を発する機器は流通段階での規制しか行われておらず、重大な結果につながりかねないレーザー照射を規制する法整備が求められる。(市岡豊大)

狙われる防衛機

 沖縄県警が逮捕したのは同県宜野湾市の会社経営、平岡克朗容疑者(56)。逮捕容疑は7月1日午後9時すぎから9分間、自宅の駐車場から米軍普天間飛行場(沖縄県)の上空約300メートルを飛行する海兵隊員4人搭乗のヘリコプターに3回にわたり緑の光線を照射、飛行訓練を中止させて業務を妨害したとしている。

 県警によると、昨年7月以降、ヘリなどにレーザー光のようなものが計6回照射されたとの通報が米軍から寄せられ、捜査していた。在沖縄米海兵隊は今月2日に新型輸送機MV22オスプレイも被害にあったとしている。県警は平岡容疑者の家宅捜索で、レーザーポインターとみられる物を押収した。

 航空機にレーザー光が照射される事案は、普天間飛行場以外でも相次いでいる。海上自衛隊と米軍が共同使用する厚木基地(神奈川県)では平成25年4月以降、夜間着陸の際に70件以上あった。

 他にも陸上自衛隊丘珠駐屯地(札幌市)や航空自衛隊小松基地(石川県)などでも被害報告がある。こうした状況に、中谷元・防衛相が「墜落など大惨事を招きかねない」と懸念を表明する異例の事態になっている。

警察は以前から把握

 「基地に着陸する航空機にレーザーポインターを当てる行為自体は以前からあり、驚くことではない」

「ニュース」のランキング