産経ニュース

【ビジネス解読】中国でITベンチャー投資が爆増 潜在時価10億ドル超の「ユニコーン」企業も続々誕生 果たして大丈夫なのか?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
中国でITベンチャー投資が爆増 潜在時価10億ドル超の「ユニコーン」企業も続々誕生 果たして大丈夫なのか?

中国の配車アプリ最大手「滴滴快的(ディディ・クアイディ)」のホームページ。企業価値は1兆円を超えるとされる。

 今夏の株式市場のバブル崩壊騒動が記憶に新しい中国で、もうひとつのバブル懸念が浮上してきた。ITベンチャー企業への未公開株投資や融資が爆発的に膨らんでいるのだ。数千億円にも達する資金が惜しみなく投入され、設立数年であっという間に潜在的な市場価値が10億ドル(約1200億円)を超える、いわゆる“ユニコーン”企業に成長するベンチャーが続々登場。100億ドルを超えるような企業も複数出てきた。欧米や日本の投資家ももてはやすこうした企業が、第2のアリババのように成長して株式市場への巨額上場につながるのか、はたまた単なる狂騒に終わるのか。

投資額は日本の100倍以上!

 「配車アプリサービスの滴滴快的(ディディ・クアイディ)が30億ドル(約3700億円)の調達に成功」

 「旅行・観光予約サイトの同程が60億元(約9億ドル)を調達」

 「フードデリバリーのele.me(餓了麼)が6億3000万ドルの調達を完了」

 「インターネットを通じた個人間金融サービスの点融網が2億700万ドルを調達」

「ニュース」のランキング