産経ニュース

【内藤慎二の野党ウオッチ】大阪ダブル選で露見した「共産党アレルギー」の破壊力 志位氏の熱い視線に民主党は戦々恐々?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【内藤慎二の野党ウオッチ】
大阪ダブル選で露見した「共産党アレルギー」の破壊力 志位氏の熱い視線に民主党は戦々恐々?

「国民連合政府」構想を重視する共産党の志位和夫委員長(中央)=11月1日、横浜市内(酒井充撮影) 「国民連合政府」構想を重視する共産党の志位和夫委員長(中央)=11月1日、横浜市内(酒井充撮影)

 「共産党の支援は“毒”にもなり得るのか…」

 そんな疑念を政界関係者に抱かせそうな選挙結果が大阪で出た。11月22日投開票の府知事・市長の大阪ダブル選は、「反維新」の一点で共産党が自主支援を決めた自民党の推薦候補がいずれも惨敗。選挙戦を固唾をのんで見守っていた永田町の住人からは「“自共共闘”で保守票が逃げた」との声が漏れる。衝撃的な結末を受け、共産党が「安全保障関連法廃止」の一点で野党に呼びかけている「国民連合政府」構想にも暗雲が立ち込めそうだ。

 「人間的にも政治的にも信頼感を持っている。党首間の信頼関係はとても大事だ。何とか合意点を見つけ出していきたい」

 共産党の志位和夫委員長は22日午後、母校の東京大学駒場キャンパスで行った講演で、野党連立政権「国民連合政府」実現のカギを握る民主党の岡田克也代表にラブコールを送った。

 共産党にとって当面の目標は野党同士で共闘関係を築いた上での来年夏の参院選勝利だ。志位氏は講演で「共産党の歴史上、国政選挙で選挙協力を呼びかけたのは初めてだ。日本の政治の危機的状況を打開するためには何でもやる決意だ」とも強調した。

 会場を埋め尽くした学生を前に熱く語った志位氏だったが、そのわずか数時間後に冷や水を浴びせられる。ダブル選で大阪維新の会の公認候補が2勝。接戦が予想されていた市長選でも共産党が推した自民党推薦候補は約19万票の大差で敗れ去った。

続きを読む

このニュースの写真

  • 大阪ダブル選で露見した「共産党アレルギー」の破壊力 志位氏の熱い視線に民主党は戦々恐々?

「ニュース」のランキング