産経ニュース

【今夜日韓戦】韓国代表、初戦で日本に0-5で完敗 「日本は横暴」「次大会からボイコットしよう」と怨嗟の声やまず

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【今夜日韓戦】
韓国代表、初戦で日本に0-5で完敗 「日本は横暴」「次大会からボイコットしよう」と怨嗟の声やまず

プレミア12の初戦となった日本戦で完敗した韓国代表。ベンチには重いムードが漂った=札幌ドーム(今野顕撮影)

 韓国内が屈辱感に満ちていた。韓国代表が11月8日に行われた野球の国際大会「プレミア12」1次ラウンド初戦で日本に完敗(0-5)したのを受け、9日付の朝鮮日報(電子版)は聯合ニュースを引用して「韓国ネットユーザー『がっかり』 野球で日本との差を痛感」と題して報道するなど、韓国メディアは日本との実力差に落胆ムードが漂った。さらにデーゲームがない日本の試合日程の組み方に「日本の横暴」などと異議を唱える報道まで見られ、韓国ネットユーザーは「日本のやり方が汚い」などと批判し、怨嗟の波は留まるところを知らない。

 試合は、日本先発の大谷翔平(日本ハム)が160キロ台の速球に高速フォークなどを織り交ぜて、6回2安打無失点で10奪三振と試合をつくった。これに対し、韓国・金寅植監督は「大谷は球が速いうえにフォークボールが素晴らしく、我々の打者がついていけなかった」などと完敗を認め、中央日報は「分析しても打てない剛速球」と大谷を絶賛した。

 そして、中央日報は韓国内の選手育成法に論が及んだ。韓国野球委員会が現在、日本のプロ野球界で150キロ台を投げる投手が増えた要因を研究しているとする。プロ球団の指摘として、最近の新人選手について体格はいいが、基本技が劣り、特に新人投手の大半は肘と肩にけがを抱えていると指摘する。

このニュースの写真

  • 韓国代表、初戦で日本に0-5で完敗 「日本は横暴」「次大会からボイコットしよう」と怨嗟の声やまず
  • 韓国代表、初戦で日本に0-5で完敗 「日本は横暴」「次大会からボイコットしよう」と怨嗟の声やまず

「ニュース」のランキング