産経ニュース

【衝撃事件の核心】やはりチューブマンだったか…白昼の市役所で男子高校生の親切心を踏みにじった変態男の呆れた手口

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
やはりチューブマンだったか…白昼の市役所で男子高校生の親切心を踏みにじった変態男の呆れた手口

犯行現場となった土浦市役所1階のトイレ=12日午後、茨城県土浦市(桐原正道撮影)

 男はトイレに入ると息を切らしながら、「体を温めると呼吸が落ち着く」などと男子高校生に話し、手の親指を差し出して「噛んだりなめたりして温めて」と、口に含むことを要求した。男子高校生は「おかしいんじゃないか」と感じたが、相手は20代後半の成人男性。「反抗するのも怖い」と思い、渋々求めに応じた。

 男の注文は次第にエスカレートしていった。

 男子高校生に「体の色々なところに症状がある」などと訴え、顔面や胸などをなめたり吸ったりすることを要求。そしてついに「膀胱(ぼうこう)にも呼吸乱がある」などと、自身の局部をなめることを求めたのだ。

 1時間に及んだ犯行後、男子高校生は交番に駆け込み、警察官に「男にわいせつな行為をされた」と訴え出た。

「チューブマンだ!」

 対象は10代の男性で、特異な犯行手口。数日で捜査線上に男が浮上した。その理由は、男の前科だった。

 男は平成23年9月と25年9月にも、10代の男性に今回と同様の行為をしたとして、県青少年健全育成条例違反の容疑で逮捕されていた。初犯だった23年は、執行猶予付きの有罪判決を受けたが、執行猶予中の25年にも同様の犯行に及んだため、2年近く服役しており、今年の夏に出所したばかりだった。

このニュースの写真

  • やはりチューブマンだったか…白昼の市役所で男子高校生の親切心を踏みにじった変態男の呆れた手口
  • やはりチューブマンだったか…白昼の市役所で男子高校生の親切心を踏みにじった変態男の呆れた手口
  • やはりチューブマンだったか…白昼の市役所で男子高校生の親切心を踏みにじった変態男の呆れた手口

「ニュース」のランキング