産経ニュース

【テクノロジー最前線】スパコン番付でも米中摩擦 CPU禁輸で揺らぐ中国の首位

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【テクノロジー最前線】
スパコン番付でも米中摩擦 CPU禁輸で揺らぐ中国の首位

2018年に世界最速、毎秒18京回の計算速度を目指して米アルゴンヌ国立研究所が開発を進めているスパコン「オーロラ」のイメージ。インテルのCPUが搭載される予定(インテル提供)

 毎年6月と11月に発表されるスーパーコンピューターの世界ランキング「TOP500」で、2013年6月から1位を守り続けている中国。今月半ばに発表されるランキングで、その座が危ぶまれている。

 欧米の複数の報道によると、中国のスパコンが核兵器の開発に関与している可能性があるとして、米商務省がCPU(中央演算処理装置)を納めている米インテルと、GPU(画像処理ユニット)を納めているエヌビディアなどに対し、中国への輸出を禁じた。2位の米国「タイタン」とは性能比で2倍の差をつけている天津スパコンセンターの「天河2号」は、アクセラレーター(演算加速装置)をインテルの最新のものに置き換えながらトップを堅持する計画だったが、禁輸によってそれが不可能になった。

元来、コンピューターは軍事と密接

 もともとコンピューターは部隊や兵器の効率的配置、ミサイルの弾道計算など軍事研究と密接に関わりながら発展してきた。現在でも、例えば世界3位にあるローレンス・リバモア国立研究所(米)の「セコイア」などは、新兵器開発ではないが、経年劣化した核物質の状態を部分的に確かめるいわゆる「臨界前核実験」とセットで用い、核兵器延命に役立てられている。

 原子力爆弾は、プルトニウムやウランを一定の量集め、それを火薬などで急激に圧縮することで「点火」し、連鎖反応を起こさせる。臨界前核実験では、部分的にこれらの核物質を変性させ、その測定結果をもとに、シミュレーションで核分裂の連鎖反応が起きることを確かめる。

このニュースの写真

  • スパコン番付でも米中摩擦 CPU禁輸で揺らぐ中国の首位
  • スパコン番付でも米中摩擦 CPU禁輸で揺らぐ中国の首位

「ニュース」のランキング