産経ニュース

【安倍首相講演詳報(4)】「2020年にはGDP600兆円達成できる」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【安倍首相講演詳報(4)】
「2020年にはGDP600兆円達成できる」

読売国際経済懇話会(YIES)で講演する安倍晋三首相=6日午後、東京都千代田区の帝国ホテル(宮崎瑞穂撮影)

 「1億総活躍の実現に向けて、私は新しい三本の矢を放ちます。今回の新たな矢には、それぞれ明確な的があります。第1の的は、戦後最大のGDP(国内総生産)600兆円。これに向かってこれまでの3本の矢を束ね、より強固な希望を生み出す強い経済という第1の矢を放ちます。アベノミクスによって成長率がマイナスからプラスに転じた結果、足元で500兆円まで回復しています。ここから毎年名目3%以上成長が実現すれば、2020年ごろにはGDP600兆円は十分達成することができます。名目3%成長なんてここ20年で一度も実現していないじゃないか、とそういう批判が皆さんからも聞こえてきそうであります。しかしそもそも、この20年間デフレだったんですから、名目で成長するわけがないのです」

 「デフレを当然の前提として、デフレ発想で推し量ること自体が、既に間違っています。今年日本を訪れる外国人観光客は恐らく2000万人近くまで増える見込みです。しかし、たった3年前は、800万人ほどでした。総理就任以来、ビザの緩和などを戦略的に進め、1年目で1000万人突破、2年目で1300万人余り、そして今年いよいよ2000万人に近づいています。これだけの急速な伸びを誰が予測したでしょう。足元の7~9月期では外国人旅行客の国内での消費は初めて1兆円を越しました。昨年の同じ時期と比べてほぼ2倍です。私自身も正直申し上げて、ここまで伸びるとは思いませんでした。安倍政権が発足してから、海外から日本への投資は10倍以上増加しました。少し前までは、外国企業の方々にアジアのどこに投資しますかと聞けば、中国という答えが一番多かった」

「ニュース」のランキング