産経ニュース

【TVチェック】レーニンの肉声、ヒトラーの私的フィルム…新たな発掘映像でつづるNHK「新・映像の世紀」10月25日スタート

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【TVチェック】
レーニンの肉声、ヒトラーの私的フィルム…新たな発掘映像でつづるNHK「新・映像の世紀」10月25日スタート

第3集から。柔和な表情を浮かべるアドルフ・ヒトラー。愛人のエヴァ・ブラウンがミュンヘン郊外の山荘で撮影した

 20年前に放送されたNHKのドキュメンタリー「NHKスペシャル 映像の世紀」の続編となる「新・映像の世紀」(総合、午後9時)が10月25日、スタートする。世界各地から集めた20世紀前半~現在の映像を編集し、約100年の歴史を全6回で振り返る。寺園慎一エグゼクティブプロデューサーは「過去に起きたことは現在につながっている。今を生きる上での“教訓”を導き出すことを心掛けた」と話している。(本間英士)

番組中、9割が新たな映像で

 「映像の世紀」はNHKが米ABCと共同取材したドキュメンタリー番組で、平成7~8年に放送された。フランスのリュミエール兄弟らが映像の撮影技術を確立した19世紀後半から20世紀後半までを、米国立公文書館など世界各地のアーカイブから集めた映像を用いて全11回で描いた。

 特徴は、日本のドキュメンタリーではそれまで「補足資料」に過ぎなかった映像資料をつなぎ合わせ、番組を構成した点だ。これに、著名人や無名の兵士ら同時代を生きたさまざまな立場の人々の手記を組み合わせて歴史を描く手法が、高い評価を集め、インターネットでは「伝説のドキュメンタリー」の愛称も。これまで何度も再放送され、集められた映像はNHKの他番組で300回以上も再利用されている。

 前作の放送から約20年を経て、「新・映像の世紀」を制作する一つのきっかけが「映像の使用権」だった。かつて調達した映像の使用権が今年末に切れるため、NHKは平成25年から海外の各アーカイブと使用権更新の交渉を実施。その結果、世界約70のアーカイブから調達した1万2千以上のクリップを今作で使用している。

このニュースの写真

  • レーニンの肉声、ヒトラーの私的フィルム…新たな発掘映像でつづるNHK「新・映像の世紀」10月25日スタート
  • レーニンの肉声、ヒトラーの私的フィルム…新たな発掘映像でつづるNHK「新・映像の世紀」10月25日スタート

「ニュース」のランキング