産経ニュース

【野党ウオッチ】橋下市長が民主党“脱藩組”を「ニセモノ」と毛嫌いする理由とは… 「当選したのは誰のおかげ?」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
橋下市長が民主党“脱藩組”を「ニセモノ」と毛嫌いする理由とは… 「当選したのは誰のおかげ?」

 維新の党を離党した橋下徹大阪市長が、党内の民主党出身議員への批判を強めている。党を割った橋下氏が、残留組に矛先を向けるのは当然ではあるが、民主党出身者への攻撃になるとボルテージの高さが際立っている。背景には、党の看板に頼ってバッジをつけていながら、「維新スピリッツ」に反する言動を繰り返す議員たちへの根強い不信感がある。

 10月1日に大阪市内のホテルで開かれた新党「おおさか維新の会」の結成発表記者会見。橋下氏の口からは、民主党出身者を念頭に置いた挑発的なフレーズが立て続けに飛び出した。

 「現『維新の党』がニセモノの党になったので、もう一度『維新の党』を作る必要がある」

 「維新の党ができた経緯は明らか。今の議員が自分たちの力で作り上げたわけがない。それでお金から権利まで全部をガメるのならば、それでいい。そんな人に政治を任せようなんて有権者は思わない。そこは有権者が判断するでしょう」

 さらに、6日のツイッターでは、同じ“敵方”であるはずの民主党出身者と旧結いの党出身者をはっきりと区別し、次のような批判を繰り広げた。

 「あなたがたはTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に賛成なのか反対なのか。旧結いの党のメンバーは明確に賛成と言うだろう。しかし民主党に所属していたメンバーは皆反対のはずだ。信念を持ってTPPに反対していた人も多い。さあ偽物維新、どうする?」

 橋下氏は新党結成の意向を固めた直後から、周辺に「比例復活の民主党出身議員は受け入れない」「次の衆院選で落選してもらう」と語っているが、その真意は何なのか。

続きを読む

このニュースの写真

  • 橋下市長が民主党“脱藩組”を「ニセモノ」と毛嫌いする理由とは… 「当選したのは誰のおかげ?」

「ニュース」のランキング