産経ニュース

【阿比留瑠比の極言御免】スリランカ首相が触れた「語り継ぐべき歴史」をメディアはなぜ報じぬ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【阿比留瑠比の極言御免】
スリランカ首相が触れた「語り継ぐべき歴史」をメディアはなぜ報じぬ

 過去の歴史をどう捉え、位置づけるかは、その国が置かれた国際環境や立場によってそれぞれ異なる。スリランカのウィクラマシンハ首相が6日、安倍晋三首相と会談した際のあいさつを通じ、そんな当たり前のことを改めて考えた。この言葉からである。

自己規制の政府

 「日本は20世紀初頭のアジアにおける国際的な動き、ナショナリズムの動きについて多くの国に希望を与えたと思う」

 これは具体的な事例は名指しはしていないものの、8月14日に発表された安倍首相談話の次の部分と呼応していると感じた。

 「日露戦争(1904~05、筆者注)は、植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました」

 この部分に韓国メディアは不満や異議を表明したし、ロシアにとっては不本意な記述かもしれないが、紛れもない事実である。

 当時、16歳だったインド建国の父、ネールは自伝にこう記している。

「ニュース」のランキング