産経ニュース

【衝撃インタビュー】「親日売国奴」と中国を追われた漫画家・王立銘氏「今も政治警察と『お茶を飲む』悪夢を見る…」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃インタビュー】
「親日売国奴」と中国を追われた漫画家・王立銘氏「今も政治警察と『お茶を飲む』悪夢を見る…」

中国人漫画家の王立銘(筆名・辣椒)さん

 中国のインターネット上に政治風刺漫画を発表したことで日本に事実上の亡命を余儀なくされた中国人漫画家、王立銘(おうりつめい)さん(42)が、月刊誌「新潮45」(新潮社)で中国政治を題材にした漫画の連載を始めた。最新の10月号では、習近平国家主席が肉まんを食べて庶民派をアピールしたエピソードなどを紹介し、政権が個人崇拝色を強める姿を皮肉っている。昨年8月、商用で妻と日本を訪れていた最中、中国共産党機関紙傘下のオピニオンサイトが王さんを「親日の売国奴」と名指しで糾弾する記事を掲載。多数の共産党系サイトにも転載されたことから身の危険を感じ、帰国を断念した。圧力に屈せず情報発信を続ける王さんに、中国当局による言論弾圧の実態や日本での生活について聞いた。(磨井慎吾)

 --現在の仕事は

 「日本で『新潮45』と『ニューズウィーク日本版(オンライン版)』という2媒体に連載し、米国でも2媒体に漫画を描いています。あと臨時の仕事もあるので、経済的にはようやく暮らしていけるようになりました」

 --“変態辣椒(ビエンタイラージャオ=激辛トウガラシ)”という中国での筆名の由来は

 「2000年に適当に付けた名前です。『変態』は中国の口語で『すごい』という意味があります。後に政治漫画を描こうとしたときにこの名前を思い出し、自分の描きたいものにぴったりではないかと考え、この名前にしました(注・日本では『変態』という言葉は誤解を招くため、単に『辣椒』としている)」

 --漫画を描き始めたのは

 「もともと、子供の頃から絵を描くのは好きでした。政治漫画を本格的に描き始めたのは、2009年からですね。最初は漫画を職業にするつもりはなく、遊びで描いていました。当時は広告会社に勤めていて、挿絵やコマーシャルの絵コンテを描く仕事をしておりましたので」

このニュースの写真

  • 「親日売国奴」と中国を追われた漫画家・王立銘氏「今も政治警察と『お茶を飲む』悪夢を見る…」

「ニュース」のランキング