産経ニュース

【政界徒然草】若者を「反安倍」に駆り立てた野党議員の責任は重い 「法案は負けたけど勝負には勝った!」って恥ずかしくないの?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【政界徒然草】
若者を「反安倍」に駆り立てた野党議員の責任は重い 「法案は負けたけど勝負には勝った!」って恥ずかしくないの?

安全保障関連法案反対のデモの拠点となっていた国会正門前。成立後、物々しさはすっかり消えた=9月28日、東京都千代田区

 安全保障関連法案の国会審議が佳境を迎えた9月中旬、東京・永田町の国会周辺では連日、反対派がデモを行い、「安倍はやめろ」とシュプレヒコールをあげていた。その群衆の中心には、学生団体「SEALDs(シールズ)」のメンバーらの姿もあった。民主、共産、社民各党などの議員も連日姿を見せ、「戦争法案反対」と訴えて反安倍晋三政権をあおった。それは若者たちを政局に利用しているようにも映った。

 「これだけ多くの若い人たちの声に応えられなかったことを心から申し訳なく思う。でも、皆さんの声に私たちは背中を押され、安倍首相の暴走に対峙してきたということだけは、お訴えしたいと思います!」

 安保法が参院本会議で可決・成立したのは9月19日午前2時過ぎ。その十数分後、議場から国会正門前のデモに駆けつけた民主党の蓮舫代表代行はそう訴えた。

 シールズを中心とする数百人のデモ参加者からの拍手を受け、蓮舫氏は「国会は未来あるあなたたちのためにある」と言葉を詰まらせた。

 反対派の野党がシンボル的な存在として持ち上げたシールズ。参院本会議での採決があった9月18日夜から19日未明にかけては国会前に陣取り、インターネット中継を見ながら「戦争法案、絶対廃案」「野党は牛歩!」「野党がんばれ!」などとシュプレヒコールを挙げた。「民主主義って何だ。これ(集会)だ!」ともコールした。議長が法案可決を宣言すると、「採決撤回」「安倍はやめろ」と連呼した。

 安保法成立後、蓮舫氏の他にも3人の参院議員が駆けつけた。

 採決前に反対討論を行った民主党の福山哲郎幹事長代理は、感謝の言葉を述べた。

 「みんな、負けてごめんな。でもさっき国会で叫んできたよ。『法案(の採決)には負けたけど勝負には勝った』って。それはみんなが支えてくれたから! これからも一緒に戦ってください」

このニュースの写真

  • 若者を「反安倍」に駆り立てた野党議員の責任は重い 「法案は負けたけど勝負には勝った!」って恥ずかしくないの?
  • 若者を「反安倍」に駆り立てた野党議員の責任は重い 「法案は負けたけど勝負には勝った!」って恥ずかしくないの?

「ニュース」のランキング