産経ニュース

【スポーツ異聞】目に余る米国球児のゴーマンぶり! 派手なガッツポーズは五輪に相応しくない

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
目に余る米国球児のゴーマンぶり! 派手なガッツポーズは五輪に相応しくない

我を忘れた歓喜の輪-。U-18W杯・米国-韓国戦、米国は九回、ラザフォードの劇的な3点本塁打でベンチから選手、監督が一斉に飛び出し、お祭り騒ぎ=舞洲(岡田亮二撮影)

 夏の甲子園直後に開催された野球のU-18ワールドカップ(W杯)は米国が3連覇を果たし、日本はまたしても準優勝に終わった。結果は悔やまれるが、この大会を通じて高校生世代の野球観のギャップにあきれ返ったファンは少なくない。最後まで礼儀正しく、節度をもって戦った日本の球児に比べると、優勝した米国代表は喜怒哀楽を前面に出し、相手チームを挑発するパフォーマンスもあった。野球発祥の国からやって来た選手の「不遜」とも取れる態度は目に余った。試合内容からみれば、決して胸を張れる快挙ではなかったはずだ。

米国チームの過度の興奮

 9月3日の2次リーグ韓国戦に、米国チームの「本性」を見た。試合は八回を終えて韓国がリードする展開。米国は完全に追い込まれたが、最終回にミラクルが待っていた。九回無死二、三塁で、ラザフォードに値千金の3ランが飛び出した。韓国ベンチが意気消沈する中で、本塁ベース付近には米国ナインのほか監督まで集結、この日のヒーローを出迎えた。

 その裏には韓国の最後の攻撃が残されている中、暴動でも起きたかのように中断された。野球規則に過度のパフォーマンスを禁じる文言はない。しかし、米国チームの過度な歓喜ぶりを見せつけられた韓国側のショックは推して知るべしである。

「ニュース」のランキング