産経ニュース

【北朝鮮拉致】曽我ひとみさんが語るいまだ帰らぬ母へ思い(上) 恐怖に泣き叫ぶ「なんで私がこんな目に?」「母ちゃんはどこ?」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【北朝鮮拉致】
曽我ひとみさんが語るいまだ帰らぬ母へ思い(上) 恐怖に泣き叫ぶ「なんで私がこんな目に?」「母ちゃんはどこ?」

拉致された状況や一緒に北朝鮮に連れ去られた母について話す曽我ひとみさん。写真はひとみさんを抱く母のミヨシさん=9月5日午後、さいたま市浦和区(荻窪佳撮影)

 昭和53年8月に新潟県真野町(現佐渡市)から北朝鮮に連れ去られ、平成14年10月に帰国した拉致被害者、曽我ひとみさん(56)が9月5日にさいたま市浦和区で開かれた集会に出席し、講演した。約1時間にわたって、曽我さんは拉致された状況や北朝鮮での生活、一緒に拉致されて今も帰国を果たせていない母、ミヨシさん(83)=拉致当時(46)=との思い出について語った。講演の主な様子は次の通り。

「自分の身に置き換えて」

 私が帰国してから今年で13年目になります。この間、帰国できたのは私を含め5人(曽我さんのほかは蓮池薫さん・祐木子さん、地村保志さん・富貴恵さんの4人)だけです。これまでに政府をはじめ関係機関の方々も拉致被害者救出に尽力いただいたことと思っております。

 しかし、一向にほかの被害者を取り戻すことができずにいます。あまりにも長い時間がたっているため、今の小中学校の子供たちは拉致そのものを知らないほうが多数であり、また大人の方も当時より興味、関心が薄らいでいるように感じています。

 「まだか、まだか」と毎日心が折れそうになりながらも、日本に帰る日が必ず来ると信じて助けを待っている被害者がいることを、そして二度とこのような悲劇を繰り返さないこと、被害者を取り戻すにはどうしたらよいのかを真剣に考えていただきたいと思います。

このニュースの写真

  • 曽我ひとみさんが語るいまだ帰らぬ母へ思い(上) 恐怖に泣き叫ぶ「なんで私がこんな目に?」「母ちゃんはどこ?」
  • 曽我ひとみさんが語るいまだ帰らぬ母へ思い(上) 恐怖に泣き叫ぶ「なんで私がこんな目に?」「母ちゃんはどこ?」

「ニュース」のランキング