産経ニュース

【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(5)】「金学順さんに会ったのは、弁護士聞き取りの同席の時だけ」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(5)】
「金学順さんに会ったのは、弁護士聞き取りの同席の時だけ」

インタビューに応じる元朝日新聞記者の植村隆氏=7月30日、札幌市(早坂洋祐撮影)

原川「それと、今度は、もう、名乗り出て、訴訟も起こされた後に掲載された、この3年12月25日の…」

植村「署名がね、出ている91年の記事は多分その2つで。後ね、だから、産経も、会社で朝日のデータベースって入れます? 入ってみてください。植村と金学順を」

原川「いわゆる一般向けのデータベースですね」

植村「それでひいてみてください。そこに出てる通りで、僕の記憶ではこの2つと。その後、金学順さんが亡くなった時も書いている」

「弁護士の前での話を記録すべきだと思った」

原川「手記で書かれてたと思うが、この11月25日に初めて金学順さんと会ったと」

植村「あ、結局、僕の場合、一旦存在を書いて、そして、その後、続報という形で小さいけど、金学順さんの記者会見を追っかけた。フォローね。これね(記事を示す)。そして、まあ、じゃあ、弁護士たちが聞くから、弁護士たちの前でしゃべったことというのは一つの記録だろうと思ったんで、高木さんに同行許可をもらって同席した。だから、この辺で聞き取りしている後ろの方に僕がいた。それは多分ね、手記にもその辺の経緯は書いたと思う」

原川「その時は、金学順さんとは会われたけども、こういうような取材、質問して答えていただいて、というそういう取材は?」

植村「うん、だから、ここにこう書いているように。弁護士らの聞き取り調査に同行し、金さんから詳しい話を聞いたっていうんだけど、弁護士の質問、やり取りを僕は横で聞いていた。なぜなら、弁護士が質問しているとき、僕が質問するのは失礼だし、じゃあ、その後、別にやったらいいじゃないかと言うんだけど、僕としては法的なプロセスとして、もうこれは訴訟準備しているんで、弁護士の前で言うのが一番話としては記録すべきだろうなというふうに思ったんで、一石二鳥だからね」

元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報のニュース

元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報の写真

  • 【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(10)止】「『歴史戦』やるなら被害者の証言も聞いてほしい」
  • 【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(9)】「捏造記者というと名誉棄損になると訴えたかった」
  • 【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(8)】「朝日の侵略戦争の反省を伝えようという作業に誇り」
  • 【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(7)】「大学には娘を殺すという攻撃があった」
  • 【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(6)】「意に反して日本軍の性の相手をさせられたというところをずっと書いている」
  • 【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(5)】「金学順さんに会ったのは、弁護士聞き取りの同席の時だけ」
  • 【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(4)】「嫁さんとの結婚前から慰安婦取材していた」
  • 【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(3)】「時代状況を分かってほしいんだ、阿比留さん!」
  • 【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(2)】「『強制連行』僕は使っていない」
  • 【元朝日新聞・植村隆氏インタビュー詳報(1)】「阿比留さんだからと逃げることはない」

関連トピックス

「ニュース」のランキング