産経ニュース

【経済インサイド】映画「未来シャッター」…「下町ボブスレー」の東京・蒲田のオヤジたちがまたも「壁」に挑む

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
映画「未来シャッター」…「下町ボブスレー」の東京・蒲田のオヤジたちがまたも「壁」に挑む

下町ボブスレーのメンバーが打ち合わせを行う映画のワンシーン

 戦前に松竹の撮影所があったため、映画の街として知られていた東京・蒲田(大田区)。国内有数の町工場が集積する場所としても知られるその地から、新しい映画「未来シャッター」が生み出された。大田区の町工場がスクラムを組んで国産マシンを開発し、冬季五輪を目指す「下町ボブスレー」など中小企業が主導になって進める“ものづくり3大プロジェクト”の仕掛け人たちがキャストとして出演。日本の中小企業が進むべき方向性を示唆する内容になっている。

イノベーションを起こせ

 未来シャッターの「シャッター」は、現代人が抱えるさまざまな境界線上の壁を指す。この壁を乗り越えられないでいる3人の主人公が、地域の人たちとかかわりながら解決の糸口を探るのが映画のストーリーだ。

 製作・プロデュースを行ったのはNPO法人(特定非営利活動法人)の「ワップフィルム」(東京都大田区)。拠点がある「キネマ通り商店街」は、昼間でもシャッターを下ろしたままの店舗が少なくない。その一角を改造し「キネマフューチャーセンター」とし活動を続けている。

このニュースの写真

  • 映画「未来シャッター」…「下町ボブスレー」の東京・蒲田のオヤジたちがまたも「壁」に挑む
  • 映画「未来シャッター」…「下町ボブスレー」の東京・蒲田のオヤジたちがまたも「壁」に挑む
  • 映画「未来シャッター」…「下町ボブスレー」の東京・蒲田のオヤジたちがまたも「壁」に挑む
  • 映画「未来シャッター」…「下町ボブスレー」の東京・蒲田のオヤジたちがまたも「壁」に挑む

「ニュース」のランキング