産経ニュース

【スポーツ異聞】韓国選手またも蛮行! 今度は女子バスケでボディーブロー、KOされた台湾選手は途中交代

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
韓国選手またも蛮行! 今度は女子バスケでボディーブロー、KOされた台湾選手は途中交代

バスケットボールのU-19女子世界選手権で韓国選手が台湾選手の腹部を殴打。その後、殴られた台湾選手はコートに座り込み、交代を余儀なくされた(右端)=国際バスケットボール連盟の公式ホームページから

 旧聞になってしまうが、ロシアで7月18~26日にバスケットボールの19歳以下(U-19)女子世界選手権が開催された。11回目を数える今回は16カ国が参加。出場権を得ていた日本は国内男子2リーグ統一問題などで資格停止処分を科され、出場できなかっただけに注目は薄かったが、韓国-台湾戦でアクシデントが起きた。韓国選手が過剰なディフェンスで台湾選手の腹部を拳で殴り、交代を余儀なくされたのだ。インターネットには「ひどすぎる」などの批判が寄せられていた。台湾選手にとって身体的に痛かったが、貴重な国際大会を経験できなかった日本にとっても“痛かった”のではないか。

 問題のシーンは、第4クオーターの残り3分14秒で起きた。試合は終始、韓国が優勢な展開。直前にも韓国が得点し、韓国が71-64とリードして迎えた。

 国際バスケット連盟(FIBA)がホームページで公開する映像では、相手ゴールを目指して突破を図ろうとする台湾の背番号「7」の選手に対し、韓国の背番号「7」の選手が立ちはだかった。すると、台湾選手はパスを選択。ボールを手放したが、どうしたことか、韓国選手が突進し相手の腹部を目掛けて右拳を繰り出した。ボディーブローを受けた台湾選手はコート上に転倒。なかなか起き上がることができない。何とか立ち上がってはみたものの、痛みから再びコートに座り込み、結局は交代を余儀なくされた。

 審判はファウルを取り、2度のフリー・スローが台湾に与えられたが、ともに失敗し、台湾は追い上げの機会を逸してしまった。

このニュースの写真

  • 韓国選手またも蛮行! 今度は女子バスケでボディーブロー、KOされた台湾選手は途中交代

「ニュース」のランキング