産経ニュース

【討論】国立大学改革の一環として通知された「文系学部廃止」は是か非か

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【討論】
国立大学改革の一環として通知された「文系学部廃止」は是か非か

文部科学省が作成した国立大学の組織見直しに関する文書には、文系学部について「組織の廃止」の文言がつづられていた

 文部科学省が6月に国立大学改革の一環として、各大学に通知した文系・教員養成系の学部・大学院の廃止を含む見直し要請が波紋を広げている。企業での理系人材需要の高まりや少子化に伴う教員の先細り傾向を背景に出された通知だが、大学関係者の間では賛否両論がある。文系・教員養成系の学部・大学院の実態と進むべき方向性などについて、日本学術会議会長で豊橋技術科学大学の大西隆学長と早稲田大学教育学部の石原千秋教授に聞いた。(花房壮、玉崎栄次)

文科省はもっと丁寧な説明をするべき 豊橋技術科学大学学長 大西隆氏

 --教員養成、人文社会科学系学部・大学院の廃止を含む組織の見直しを求める文科省通知の受け止めは

 「去年からの議論でもこういう言葉が使われていたが、通知はそれまでの文科省の見解とは違った。教員養成系学部において、教職免許状の取得を卒業要件としない『ゼロ免課程』が不要ということであれば、ある程度理解できる。ただ、人文社会科学となると幅広く、踏み込みすぎの印象がある」

 --文科省の通知の表現が誤解を招いた可能性もある

 「通知が出されたあと、文科省の担当者から『廃止の言葉はゼロ免課程にかかり、人文社会科学系学部を廃止しろとは言っていない』と説明を受けて、私個人は通知を理解した。しかし、通知は国が決定した文書であり内容は重い。文科省は誤解を生まないようもっと国民に広く説明すべきだ」

このニュースの写真

  • 国立大学改革の一環として通知された「文系学部廃止」は是か非か
  • 国立大学改革の一環として通知された「文系学部廃止」は是か非か

「ニュース」のランキング