産経ニュース

【トレンド日本】「お尻の下の丸みまで見える」…股下数センチのパンツに「目のやり場に困る」 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【トレンド日本】
「お尻の下の丸みまで見える」…股下数センチのパンツに「目のやり場に困る」 

あまりの短さに、つい目がいく人もいるのでは?(写真はコラージュ) あまりの短さに、つい目がいく人もいるのでは?(写真はコラージュ)

 厳しい暑さが続くなか、街ではショートパンツ姿の若い女性をよく見るようになった。今年は特に、股下が数センチしかないようなマイクロミニのショートパンツ姿の女性が目立つ。年上の世代が「階段だと、お尻が見えそう!」「目のやり場に困る」と戸惑う一方、履いている本人たちは「歩きやすい」「足長に見せたい」と意に介さない様子。果たして品がないのか、ファッションなのか…。

「暑い」「歩きやすい」

 7月下旬、東京・池袋。デニムのショートパンツで歩いていた女性(34)は、前ポケットの裏地が裾から見えるほどの短さ。股下は数センチしかなさそうに見える。「足が短いので少しでも長く見せたくて」と話す。マイクロミニのショートパンツを履くときには、小さめの下着を履くなど気を使い、ラインが見えないようにしているという。

 姉妹で買い物に来ていた、墨田区の専門学校生(20)は黒のデニムのショートパンツ姿。「歩きやすいし、暑いからちょうどいい」と話す。

 歩いていると、お尻と太ももの境目が見えそうな短さのショートパンツをはいていたのは、東京都昭島市の高校2年生(16)。「見た目がかわいいので、去年買いました。試着したときにお母さんもいたけれど、『いいんじゃない』って言ってもらえました。お尻は見えちゃうかも、と思うけれどこの長さなら、ぎりぎり大丈夫かな、と思って」と話す。

「ニュース」のランキング