産経ニュース

【話の肖像画プレミアム】岸朝子(91)=食生活ジャーナリスト=「まずい」とは決して言わず…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【話の肖像画プレミアム】
岸朝子(91)=食生活ジャーナリスト=「まずい」とは決して言わず…

(大西正純撮影)

 決めぜりふの「おいしゅうございます」というのは、動物や植物の命をいただくことへの感謝の言葉です。食材を粗末にしてはいけない。戦争が終わった後の日本の家庭は貧乏でしたからね。ぜいたくな物は食べられないから、いい材料がなくても工夫しておいしくいただいていました。今も「お好きなものは」と聞かれると、「何でも」と答えていますよ。飢えた経験のない、若いお嬢ちゃんたちは好き嫌いが激しいようですけど、わが家では好きも嫌いもなく、おいしく食べます。食べることこそが大事です。

 〈一貫して「食」に関わり続け、国の審議会や民間団体の委員を務めたほか、雑誌、講演などでも活躍してきた

 他のことをやろうとは思いませんでした。あっちやらこっちやらと、いろいろやっても大したことはできないですよ。うろうろせず、真っすぐやるのよ。料理というのは生きることですからね。生きるが勝ち。おかげさまで、お邪魔でしょうけど長生きしています。

自分で作って家族に食べさせないと

 〈平成16年に刊行された著書「東京五つ星の手みやげ」(東京書籍)は、豆大福やチョコレート、かす漬けなど東京の老舗や名店を紹介し、30万部を超すベストセラーになった

 この本は手みやげとして持っていって、喜ばれたものを紹介したのです。もちろん自分で差し上げたものです。喜ばれるとうれしいでしょう。でも、好き嫌いがありますから。男性はあまり文句を言わないけれど、女性はうるさいのよ。

このニュースの写真

  • 岸朝子(91)=食生活ジャーナリスト=「まずい」とは決して言わず…
  • 岸朝子(91)=食生活ジャーナリスト=「まずい」とは決して言わず…
  • 岸朝子(91)=食生活ジャーナリスト=「まずい」とは決して言わず…
  • 岸朝子(91)=食生活ジャーナリスト=「まずい」とは決して言わず…

「ニュース」のランキング