産経ニュース

【メガプレミアム】中国ついに“白旗” VS日欧米「レアアース兵糧戦」で自ら首を絞めた

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【メガプレミアム】
中国ついに“白旗” VS日欧米「レアアース兵糧戦」で自ら首を絞めた

日立が開発したレアアースを使わない産業用モーター。中国のレアアースに依存しない日本の経済界の動きもあって、中国レアアース業界は赤字転落した。

 2010年9月に尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖で起きた中国漁船衝突事件とその後の日中摩擦を受け、中国が制裁措置として事実上の対日輸出規制を行ったレアアース(希土類)。ハイブリッド車(HV)のモーターなどハイテク製品に欠かせない素材だが、日本は欧米とも共同歩調を取って追い込んだ結果、不当な措置をとり続けた中国は5月1日に最終的に白旗を掲げた。

輸出枠に続き輸出税も撤廃

 中国国務院(政府)関税税則委員会はレアアースの輸出税を同日付で撤廃することを決めたからだ。中国は世界最大のレアアース輸出国だが、輸出に15~25%の関税を適用するなど、規制をかけていた。日米欧が共同で提訴した中国を調査した世界貿易機関(WTO)が昨年、レアアース輸出規制をルール違反と最終判断。中国は今年1月、すでに輸出枠の撤廃に追い込まれていた。

 中国漁船が日本の海保の船舶に意図的とみられる動きで衝突した事件にもかかわらず、日本側に非があるとして対日感情を急激に悪化させた。最高指導者だったトウ小平氏がかつて「中東に石油あり、中国にレアアースあり」と述べ、外交ツールと位置づけてきたレアアースの禁輸で、制裁に乗り出そうとしたようだ。

「ニュース」のランキング