産経ニュース

【政治デスクノート】自民・谷垣氏の“予言”ズバリ的中!! 気になる新たな予言とは…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【政治デスクノート】
自民・谷垣氏の“予言”ズバリ的中!! 気になる新たな予言とは…

オウンゴールばかりの自民党…。安倍晋三首相ら党執行部は政界「秋の陣」にどう臨むのか=8月3日、東京・永田町の党本部(酒巻俊介撮影)

 『頼むから オウンゴールは やめてくれ

 悲痛な心の叫びを川柳に詠んだのは、自民党の高村正彦副総裁だ。高村氏は8月9日、松江市内で開かれた党島根県連の会合で講演したが、このとき県連サイドから飛び出したのは「安倍晋三首相を守るべき補佐官、一部の若手議員の暴言が繰り返され、自民党全体のイメージを後退させている」といった苦言だった。

 党内の勉強会「文化芸術懇話会」で6月下旬、若手国会議員が報道機関に圧力をかける発言をしたのをはじめ、続発した「軽率発言」を指すのは明らかだ。

 「報道圧力」発言では、安倍政権が最重要課題に位置づける安全保障関連法案の衆院審議が大きく遅れ、安倍首相が特別委員会で「最終的に私に責任がある。非常識で、国民の信頼を損ねる発言であり、看過することはできない」などと釈明、陳謝する事態に追い込まれた。

 その後も、首相補佐官が安保関連法案に関して「法的安定性なんて関係ない」と発言し、参院審議にも影響が出た。ツイッターの投稿など若手議員の言動も参院審議で野党側に攻撃材料を与えている。

 「過去にあった発言と質が少し違う。党内にはこうした権力に対するおごりが芽生えているのか、あるいは謙虚さが無くなっているのか」

このニュースの写真

  • 自民・谷垣氏の“予言”ズバリ的中!! 気になる新たな予言とは…
  • 自民・谷垣氏の“予言”ズバリ的中!! 気になる新たな予言とは…

「ニュース」のランキング