産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】「納得いく就職活動ができなかった…」“就職留年”を真剣に考察してみた

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
「納得いく就職活動ができなかった…」“就職留年”を真剣に考察してみた

 「就職留年をするか否か検討したい」

 2016年卒の就職活動も8月中旬に差し掛かり、一段落してきた方も多いかと思います。「第一志望の企業から内々定をいただけた」「納得のいく就職活動を行うことができた」などさまざまな思いがあるのではないでしょうか。

 これらの思いに反して「納得のいく就職活動を行えなかった」という方もいるのが事実だと思います。これらの方は2016年3月末まで就職活動を進めるか、就職留年をするかの選択に迫られます。事実、内定塾にも就職活動が一段落すると就職留年に関する問い合わせが多くなり、毎年多くの方が悩みを抱えています。そこで今回は、就職留年のメリット・デメリットについて考察していきます。

就職留年のメリット

(1)再度選考を受けられる

 就職留年をすることで選考結果がリセットされます。そのためこれまで受けた企業も再度選考を受けることができます。また受けたかったがスケジュールが重複して受けることができなかった企業にも挑戦することができます。

(2)志望業界を広げることができる

 一度就職活動をしているため、業界に合う・合わないが判断しやすくなります。就職活動の後半で志望業界を増やしたが企業数が少なかった…というケースも多いため、諦めていた業界にも目を向けることができます。

「ニュース」のランキング