産経ニュース

【戦後70年~昭和20年夏(3)】慰霊の心置き去りに 原爆ドーム横で「安倍は出ていけ!」 原水爆禁止運動は社共の主導で政治闘争化

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【戦後70年~昭和20年夏(3)】
慰霊の心置き去りに 原爆ドーム横で「安倍は出ていけ!」 原水爆禁止運動は社共の主導で政治闘争化

原爆投下から70年を迎えた広島市は最高気温35・5度と今夏一番の暑さとなったが、平和記念公園への慰霊の足並みは途絶えることがなかった=6日午後、広島市中区(甘利慈撮影)

 8月6日の広島は70年前と同じ雲一つない夏空が広がった。原爆投下時刻と同じ午前8時15分、広島市では至る所でサイレンが鳴り響き、多くの人が頭を垂れた。平和記念公園では平和の鐘が厳かに鳴り、「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)の参列者約5万5千人(市発表)が黙祷をささげた。

 「1発の原子爆弾により十数万もの貴い命が奪われ、街は廃虚と化しました。一命をとりとめた方々にも言葉に尽くしがたい辛苦の日々をもたらしました。被爆70年を迎え、私は改めて平和の尊さに思いを致しています」

 首相、安倍晋三は式典でこう語り、犠牲者に哀悼の意をささげた。被爆者の平均年齢はついに80歳を超えた。原爆の惨禍を代々に語り継いでいくためにも8月6日の祈りは欠かせない。

 だが、式典会場の外は少し様相が違った。

 午前7時、元安川の対岸にある原爆ドーム前には「戦争法阻止! 再稼働反対! ヒロシマの怒りで安倍を倒せ」と記した幅10メートルの横断幕が掲げられ、男女500人が集結した。

「ニュース」のランキング