産経ニュース

【安倍政権考】勇み足、丸飲み…不安が尽きない面々 参院安保法案審議で最大の不安材料はあの人?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【安倍政権考】
勇み足、丸飲み…不安が尽きない面々 参院安保法案審議で最大の不安材料はあの人?

参院平和安全法制特別委員会で審議の進め方を話し合う(左から)鴻池祥肇委員長、佐藤正久与党筆頭理事、安倍晋三首相=7月30日、参院第1委員会室(斎藤良雄撮影) 参院平和安全法制特別委員会で審議の進め方を話し合う(左から)鴻池祥肇委員長、佐藤正久与党筆頭理事、安倍晋三首相=7月30日、参院第1委員会室(斎藤良雄撮影)

 集団的自衛権の行使を限定的に容認する安全保障関連法案の審議が参院で始まった。安倍晋三首相にとって悩みの種は、論客ぞろいの野党議員ばかりでない。論戦の場となる参院平和安全法制特別委員会の自民党委員20人の陣容に、不安材料が尽きないからだ。

 トラブルは安保法案の審議入り前から起こった。委員の山本一太前沖縄北方担当相は7月23日、参院本会議で平安特委の設置を議決する前にもかかわらず、自身のブログに「自民党のトップバッターは山本一太」と書き込んだ。山本氏は「与えられた時間は75分。NHKの生中継が入る」とも記した。

 与野党で審議日程の正式協議が始まる前の勇み足に、民主党の榛葉賀津也参院国対委員長は「緊張感の欠如。(大相撲名古屋場所で緩慢さが目立った)逸ノ城以上に脇が甘い」と批判した。結局、山本氏は28日の実質審議初日の質問者からはずれた。

 平安特委の与党筆頭理事となった「ヒゲ隊長」こと佐藤正久元防衛政務官についても「交渉事に弱い面があり、不安材料の1人だ」(自民党幹部)とされる。

 佐藤氏は平成16年からの自衛隊イラク派遣で初代派遣部隊長を務めるなど、安全保障に関する知識は豊富だ。28日の平安特委の質疑でも、集団的自衛権行使が必要になる具体例をあげながら、法案の必要性を分かりやすく聞き出した。

続きを読む

「ニュース」のランキング