産経ニュース

【iRONNA発】中国株暴落 経済の掟よりもメンツにこだわる習政権 上念司氏

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
中国株暴落 経済の掟よりもメンツにこだわる習政権 上念司氏

中国浙江省杭州市の証券会社で株価の動きを見る個人投資家。株価下落を示す表示が並んだ =27日(共同)

 中国株暴落が習近平政権を大きく揺さぶっている。中国の株式市場では、当局のなりふり構わぬ底支え策を尻目に投資家が売りを浴びせ、一時、8%以上も値を下げるなど時価総額400兆円が一瞬で吹き飛んだ。今後、日本市場への影響も広がりをみせるのか。中国バブルの崩壊はマジでヤバい?(iRONNA

 まず、勘違いしてはいけないことがある。今回の暴落によって中国の実体経済が悪くなるのではない。もともと中国の実体経済は悪かった。それなのに株価が上がっていた。

 そもそも、中国の実体経済を表す経済指標を信用できない。かつて、李克強首相がそのように語ったことがウィキリークスに暴露されている。アテにならない数字の中で、多少でも参考になるのは電力消費量、鉄道貨物輸送量、銀行融資残高の3つだ。

 5月の鉄道貨物輸送量は前年比マイナス11・5%で、もう17カ月連続で減少が続いている。電力消費量は前年比プラス1・8%だが、昨年のプラス3・8%に比べると、伸び率が大幅に鈍化している。そんな中で、年末から銀行融資だけが前年比プラス14・3%と伸びている。

このニュースの写真

  • 中国株暴落 経済の掟よりもメンツにこだわる習政権 上念司氏

「ニュース」のランキング