産経ニュース

【日本の議論】「タトゥーお断り WHY?」 外国人観光客、温泉で当惑 2019ラグビーW杯はどうなるの?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本の議論】
「タトゥーお断り WHY?」 外国人観光客、温泉で当惑 2019ラグビーW杯はどうなるの?

 円安やビザ発給要件の緩和で訪日外国人観光客が大幅に増加する中、全国の温泉地では「入れ墨・タトゥー」問題に頭を悩ませている。国内では長らく反社会的な人々の象徴とされ、温泉施設の多くは「入れ墨、タトゥーのある人の入浴はお断り」。だが海外ではファッションや文化的な理由で入れ墨をするケースもある。外国人観光客の多くは観光目的に温泉を挙げており、異文化と風紀維持とのはざまで“おもてなし”を模索する取り組みが続いている。

高い温泉人気

 2020年東京五輪・パラリンピックまでに訪日外国人旅行者数2000万人を目指す日本にとって、温泉は有力な観光資源だ。

 観光庁の平成27年1~3月期の訪日外国人の消費動向調査では、39・8%の外国人が「温泉入浴」を「今回したこと」として回答。「次回、訪日したときにやりたいこと」では45・7%で3位にランクされている。

 「水着を着けて入る温泉施設はカナダにもあるけれど、裸になって湯船につかる日本式の入浴方法は解放的で、神経の末端から疲れがほぐれていく気がする。特に、雄大な自然が目の前に広がる露天風呂は最高」

 こう熱弁するのは、仕事で年3~4回来日するというカナダ人の会計士、ロバート・ファーガソンさん(42)。予定が立て込んでいても必ず温泉地に立ち寄ってから帰国するといい、最近は青森県や秋田県の秘湯にはまっている。

関連ニュース

【経済インサイド】「スーパー銭湯」「日帰り温泉」岐路に立つ温浴産業…原油安も経営好転の決定打にならず、五輪効果に期待

「ニュース」のランキング