産経ニュース

【スポーツ異聞】男女サッカーW杯の埋め難い格差 優勝賞金20分の1 女子の年俸の相場はなお300万円…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
男女サッカーW杯の埋め難い格差 優勝賞金20分の1 女子の年俸の相場はなお300万円…

サッカー女子W杯カナダ大会で日本を破って優勝した米国のワンバック。誇らしげに優勝トロフィーを掲げる。神々しいシーンだが、金銭面では甚だしい男女格差がある(AP)

 サッカーの世界ナンバーワンを決める大会といえば、男女ともにワールドカップ(W杯)だろう。ところが、優勝賞金では男子が3500万ドル(約43億円)なのに対し、女子は200万ドル(約2億4500万円)。幹部らが逮捕された汚職事件で揺れる国際サッカー連盟(FIFA)が2011~14年に試合の放映権、マーケティング権で得た収入は41億ドル(約4900億円)に及ぶ。汚職究明とともに、取り組むべき「格差是正」が見えてくる。

 待遇のおかしさは、男女W杯の賞金に如実に表れる。2014年ブラジルW杯の賞金総額は5億7600万ドル(約706億3600万円)で、前回大会から37%増額されていた。これに対し、女子W杯カナダ大会では前回大会から5割増額されたにもかかわらず、1500万ドル(約18億3970万円)。優勝賞金は17.5倍の格差だ。

 米経済誌フォーブスがまとめた2015年版「世界で最も稼ぐスポーツ選手ランキング」で、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが7960万ドル(約98億1000万円)を稼ぎ3位にランクされた。

このニュースの写真

  • 男女サッカーW杯の埋め難い格差 優勝賞金20分の1 女子の年俸の相場はなお300万円…

「ニュース」のランキング