産経ニュース

【トレンド日本】「米空母乗員は戦艦三笠に塗装した」と米司令官…ロシアと戦った雄姿今も、集う人々20万超

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【トレンド日本】
「米空母乗員は戦艦三笠に塗装した」と米司令官…ロシアと戦った雄姿今も、集う人々20万超

 「英国で生まれた帰国子女の三笠デース!」。日本海海戦記念式典が開かれた記念館三笠 =5月27日、神奈川県横須賀市

 戦後70年の今年は、同時に日露戦争からの戦後110年でもある。旧海軍記念日の5月27日、神奈川県横須賀市の記念艦「三笠」で「日本海海戦記念式典」が開かれ、米海軍の軍人や海上自衛官らも参列して歴史的な大勝利を回顧した。昨年度は44年ぶりに来艦者数が20万人を超える大盛況。ロシアと戦い、米英の尽力で復活した三笠は、平成の老若男女の前で威容を誇っている。(溝上健良)

世界史における金字塔

 記念艦(戦艦)三笠は日露戦争時の連合艦隊旗艦。艦橋には明治38(1905)年5月の日本海海戦で砲弾が飛び交う中、東郷平八郎司令長官が立ち続けた跡が示されている。NHKで放映されたドラマ「坂の上の雲」では、艦内でもロケが行われている。

 満艦飾が施された三笠の講堂で挙行された記念式典には、海上幕僚長や自衛艦隊司令官、米海軍第7艦隊司令官、地元の横須賀市長をはじめ約500人が列席。国歌斉唱と日露両国将兵への黙祷(もくとう)に続いて、国旗と軍艦旗(海上自衛隊旗)をバックにして壇上に立った三笠保存会の増田信行会長が祝辞を述べた。

 増田会長は日露戦争に至る過程を描いた小説『坂の上の雲』冒頭の一節を引きながら「19世紀になると列強が支配した植民地は実に世界の8割強であり、この弱肉強食の時代に日本という『まことに小さな国が、明治という開花期を迎えた』ことになります」と、当時の時代状況を振り返った。

このニュースの写真

  • 「米空母乗員は戦艦三笠に塗装した」と米司令官…ロシアと戦った雄姿今も、集う人々20万超
  • 「米空母乗員は戦艦三笠に塗装した」と米司令官…ロシアと戦った雄姿今も、集う人々20万超
  • 「米空母乗員は戦艦三笠に塗装した」と米司令官…ロシアと戦った雄姿今も、集う人々20万超
  • 「米空母乗員は戦艦三笠に塗装した」と米司令官…ロシアと戦った雄姿今も、集う人々20万超
  • 「米空母乗員は戦艦三笠に塗装した」と米司令官…ロシアと戦った雄姿今も、集う人々20万超
  • 「米空母乗員は戦艦三笠に塗装した」と米司令官…ロシアと戦った雄姿今も、集う人々20万超
  • 「米空母乗員は戦艦三笠に塗装した」と米司令官…ロシアと戦った雄姿今も、集う人々20万超
  • 「米空母乗員は戦艦三笠に塗装した」と米司令官…ロシアと戦った雄姿今も、集う人々20万超

「ニュース」のランキング