産経ニュース

【プロ野球通信】審判は「石ころ」なのか? 工藤監督は野球規則片手に飛び出したが…1982年の日本シリーズが球界に残した“思い込み”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロ野球通信】
審判は「石ころ」なのか? 工藤監督は野球規則片手に飛び出したが…1982年の日本シリーズが球界に残した“思い込み”

野球規則を手に抗議するソフトバンク・工藤監督。審判の判定が合っていました

 まさかの珍プレーだった。2日に行われた交流戦、DeNA-ソフトバンク戦(横浜)の七回2死満塁、1点ビハインドのソフトバンク・柳田の打球は二塁近くにいた渡田塁審に当たり、センター方向に転がった。三塁走者が生還、逆転となる二塁走者も生還したが、球審は「ボールデッド」を宣告。1点しか認められなかった。

 問題が起きたのはこのあとだ。抗議に出たソフトバンクの工藤監督は、一度ベンチに戻ったあとで野球規則を握りしめ、再び球審のもとへ。審判員に球が当たった場合は試合が継続される「インプレー」であると解釈したとみられるが、結果的にはバツの悪い思いをしたに違いない。

 またCS放送していたTBSは、ベテランアナウンサーが「審判は石ころと同じです」と連呼。インプレーであると説明し、解説の佐々木主浩氏も同調する意見だった。

●  ●  ●

 野球規則5・09は「次の場合にはボールデッドとなり、走者は1個の進塁が許されるか、または帰塁する」と規定。その項の(f)で、「内野手(投手を含む)に触れていないフェアボールが、フェア地域で走者または審判員に触れた場合、あるいは内野手(投手を除く)を通過していないフェアボールが、審判員に触れた場合-」としている。簡単にいえば、内野手より前にいる審判員にボールが当たった場合はボールデッドになる。

このニュースの写真

  • 審判は「石ころ」なのか? 工藤監督は野球規則片手に飛び出したが…1982年の日本シリーズが球界に残した“思い込み”
  • 審判は「石ころ」なのか? 工藤監督は野球規則片手に飛び出したが…1982年の日本シリーズが球界に残した“思い込み”

「ニュース」のランキング