産経ニュース

【討論】「配偶者を優遇する相続法制」 吉田修平氏、倉持政勝氏

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【討論】
「配偶者を優遇する相続法制」 吉田修平氏、倉持政勝氏

倉持政勝弁護士

 --例えば、長男の嫁が義父母の介護をしていた場合、嫁には義父母の財産を相続する権利がないため、通常は遺産を受け取ることができない

 「嫁の貢献を評価し、長男の寄与分として認めてもいいかもしれない。相続法理には反するかもしれないが、従来の論理で説明できないことを認めることに立法の意味がある。また、今後は遺言に代わる信託契約がもっと活用されてもいいのではないか」

 --相続問題への参加者や評価する項目が増えると、紛争が複雑、長期化するという指摘もある

 「家裁がパンクするとか、弁護士がいくらいても足りないというのは、法サービスを提供する側の理屈だ。国民のニーズに合った法サービスを提供する態勢をいかに整えるかを議論すべきだ。一方で、だからこそ事前に家族で話し合っておこうという雰囲気づくりも大事だろう」

このニュースの写真

  • 「配偶者を優遇する相続法制」 吉田修平氏、倉持政勝氏

「ニュース」のランキング