産経ニュース

【朝鮮半島ウオッチ】日朝交渉は最終ラウンド、金正恩氏が狙った日本資金 「遺骨ビジネス」は風前の灯火?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【朝鮮半島ウオッチ】
日朝交渉は最終ラウンド、金正恩氏が狙った日本資金 「遺骨ビジネス」は風前の灯火?

 日朝交渉は最終ラウンドに入り、日本政府が「再調査は1年がメド」としている昨年7月の特別調査委の始動まで1カ月余となった。今年に入って日朝の水面下交渉はすでに4回。だが、北朝鮮側が日本人妻や遺骨問題を先行させようとして、日本はこれを拒否、交渉は暗礁に乗り上げている。北朝鮮が10年ぶりに拉致問題も含む協議に応じてきたのは金正恩体制が追い詰められた結果だ。拉致被害者を奪還するには、日本が金正恩体制の“弱み”を鋭く突けるか-にかかっている。(久保田るり子)

トップに捜査?戦々恐々の朝鮮総連

 「安倍政権はどこまでやる気なのか」と朝鮮総連が浮足立っているという。

 北朝鮮産マツタケ不正輸入事件で、総連トップの許宗萬議長宅などに警察の家宅捜索が入ったのが3月末、許議長の次男が外為法違反で逮捕されたのが5月12日だった。日本政府が総連包囲網を対北圧力に使っているのは明らかで、総連サイドからは「総連いじめをしても拉致被害者は帰ってこない、ということが安倍政権にはまだわからないのか」との負け惜しみの声も聞こえてくる。

 関係者によると、総連側は「総連本部への家宅捜索の有無」と「許宗萬議長への捜査」を警戒して戦々恐々だという。東京・千代田区富士見の総連中央本部に日本の警察が踏み込めば、総連を中心とする在日朝鮮人社会が崩壊の危機にひんする。また、日朝の暗部を知り尽くす許議長に捜査が及べば、北朝鮮の猛反発は最高潮となって日朝関係は当面、断絶するだろう。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日朝交渉は最終ラウンド、金正恩氏が狙った日本資金 「遺骨ビジネス」は風前の灯火?

関連ニュース

【朝鮮半島ウオッチ】「安倍日本」憎し 朴槿恵政権「対日外交タスクフォース」 韓国は何をしようとしているのか

「ニュース」のランキング