産経ニュース

【衝撃事件の核心】生き埋め被害女性は正座したまま上半身あおむけにのけぞらせていた…友人を惨殺した18歳少女たちの“冷酷すぎる世界”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
生き埋め被害女性は正座したまま上半身あおむけにのけぞらせていた…友人を惨殺した18歳少女たちの“冷酷すぎる世界”

少女の遺体が発見された現場近くには花束が置かれていた=千葉県芝山町 少女の遺体が発見された現場近くには花束が置かれていた=千葉県芝山町

 容疑者の男3人は、被害者の少女と、ほとんど、もしくはまったく面識がなかったとみられている。このため、捜査本部は少女が犯行の主犯格とみて、慎重に捜査を進めている。

「金銭関係でもめていた」

 少女の中学時代の後輩によると、少女は船橋市内の市立中学校時代、テニス部に所属。テニスがうまく後輩の面倒見もいい一方で、男子との派手な交際や喫煙・飲酒の噂が広がるなど、素行面で問題のある一面もあったという。

 卒業後には、少女は後輩らに「高校を中退した」と話していたという。近所に住む高校生の女子生徒は「万引で補導されたと聞いたことがある」と説明。同じく近所の主婦は「中学卒業前後くらいから、男の人の運転するバイクの後ろに乗っている姿を見かけるようになった」と話す。

 少女を知る別の女性は、被害者の少女と「少女は高校時代に仲が良かった」と話す一方、「金銭関係でもめていたと聞いた」と、2人の間にトラブルがあったことも語る。

 少女は県警の調べに対して、「カネを貸していた。(被害者の少女は)友人の卒業アルバムも返していなかった」などと、借りたものをたびたび返さなかった被害者の少女への不満について供述しているという。捜査本部はこうしたトラブルを把握しているが、事件の引き金となった決定的な動機は不明としており、慎重に調べを進めている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 生き埋め被害女性は正座したまま上半身あおむけにのけぞらせていた…友人を惨殺した18歳少女たちの“冷酷すぎる世界”
  • 生き埋め被害女性は正座したまま上半身あおむけにのけぞらせていた…友人を惨殺した18歳少女たちの“冷酷すぎる世界”

関連ニュース

当時18歳の女性生き埋め殺人の中野被告に無期判決 千葉地裁

「ニュース」のランキング