産経ニュース

【日本の議論】便利な「ネット宅配型クリーニング」トラブル続発… 「衣類紛失」「請求額が5倍」どうすればいいか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本の議論】
便利な「ネット宅配型クリーニング」トラブル続発… 「衣類紛失」「請求額が5倍」どうすればいいか

 インターネットで申し込み、宅配業者を利用して、衣類の受け渡しを行う「ネット宅配型クリーニング」の相談が急増している。クリーニング店の店舗数は減少傾向で、国民生活センターなどに寄せられるクリーニングに関する相談も年々減ってきている中、ネット宅配型の相談件数は、平成21年度は17件だったのに対し、26年度は1月31日時点で156件と9倍超に増加している。国民生活センターは、「店舗型との違いに留意し、事前に契約内容をよく確認してほしい」と注意を呼びかけている。

「非対面」が一因

 同センターなどに寄せられた相談事例をみると、消費者と事業者が直接対面しない「非対面式」の形態が原因となっているトラブルが目立つ。

 静岡県の30代女性から昨年12月、「衣類を紛失した揚げ句、事業者の対応が悪い。どうしたらいいか」という相談が寄せられた。女性は7カ月前、コートやニットなど冬用衣類をまとめてクリーニングに出し、それらの長期保管を依頼。引っ越しにともない、送付先の変更を連絡したところ、事業者から「そもそも衣類を宅配業者から受け取っていない」と言われたという。その後、事業者の調査で事業者自身が紛失したことが判明したが、「探す」と言うだけで、なかなか連絡が来ないという。

このニュースの写真

  • 便利な「ネット宅配型クリーニング」トラブル続発… 「衣類紛失」「請求額が5倍」どうすればいいか

「ニュース」のランキング