産経ニュース

【経済インサイド】「携帯を当社に替えれば電気代割り引きます」が現実に 電力・ガス自由化で携帯電話会社と合従連衡“セット販売時代”が到来

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
「携帯を当社に替えれば電気代割り引きます」が現実に 電力・ガス自由化で携帯電話会社と合従連衡“セット販売時代”が到来

電力の小売り自由化で、携帯電話会社とのセット割引時代が幕を開けそうだ

 「携帯電話を当社に切り替えれば、電気料金を●%割り引きます」

 近い将来、こんなうたい文句の携帯電話会社のテレビCMが登場しそうだ。これまで大手電力会社が管轄地域の販売を独占していたが、平成28年4月から家庭向けも含め電力小売りが全面自由化される。これに伴い、東京電力などはNTTドコモなど携帯大手3社と、電気と通信のセット販売を目指して交渉に入った。

 提携が実現すれば、冒頭のように携帯電話の契約を他社から切り替えれば、電気料金を割り引くといったサービスが実現する。電力会社にとっては顧客の囲い込みにつなげられるとあって、すでに水面下では、携帯会社をめぐる争奪戦が電力会社間で始まっている。

サービスで差別化

 なぜ電力会社がパートナーとなる携帯会社の争奪に血眼なのか。それは、電力会社で電気の“質”に差が出ないことが大きい。火力発電所で発電しようが太陽光で発電しようが、電気自体に変わりはない。ましてや電力会社によって質に差があるものでもない。

 電力各社は「電気の質に差がないけど、過度な価格競争には陥りたくない」(大手電力関係者)というのが本音。このため全面自由化を控えた電力各社は、なんとかサービスで差をつけようと躍起になっているのだ。

「ニュース」のランキング