産経ニュース

【朝鮮半島ウオッチ】「プーチン」のメンツ丸つぶれ…対露関係「悪化」不可避でも「正恩」訪露キャンセルの〝取り沙汰される3つの理由〟

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【朝鮮半島ウオッチ】
「プーチン」のメンツ丸つぶれ…対露関係「悪化」不可避でも「正恩」訪露キャンセルの〝取り沙汰される3つの理由〟

 北朝鮮の金正恩第1書記がロシアの対独戦勝70周年式典への出席をキャンセルした。金正恩氏の出席を「確実だ」をしてきたロシア政府はメンツを潰された格好。蜜月だった朝露関係への影響も避けられない。理由についてロシア側は「北朝鮮の内部事情」としているが背景は不明で憶測も呼んでいる。北朝鮮は金氏の訪露を正式発表していたわけではないが、金正恩氏の〝国際デビュー〟にはミソがついた印象だ。マイナスは承知でプーチン氏の招待を断った金正恩氏側の事情とは?(久保田るり子)

キャンセル事情、取り沙汰される3つの理由

 まず韓国で取り沙汰されているのは、「北朝鮮側が儀典上で金正恩氏への特別待遇の要求したが、ロシア側が難色を示した」(韓国紙)ため、結局、北朝鮮がキャンセルの挙に出た―との見方だ。

 世界の首脳では中国の習近平国家主席が出席の意向のほか、インド、キューバなどロシア寄りの約30カ国首脳が出席予定だが、金正恩氏にとっては華々しい国際デビュー。「横並びでは不満」というわけだ。ウクライナ問題で米、英、仏、独、日、韓など主要欧米諸国、アジア首脳は見合わせたが、それでも大物は来る。「金正恩氏は態度が横柄で大物ぶっているが、所詮、側近に準備された北朝鮮国内でのこと。傲慢さは小心の裏返しということもある。シナリオなき国際舞台で特別演出がなければ堪えられないということだ」(北朝鮮ウオッチャー)

続きを読む

このニュースの写真

  • 「プーチン」のメンツ丸つぶれ…対露関係「悪化」不可避でも「正恩」訪露キャンセルの〝取り沙汰される3つの理由〟

「ニュース」のランキング