産経ニュース

【開発ヒストリー】ペダルとブレーキがない二輪車「ストライダー」 子供と遊びたい「イクメン親父」の心つかんだ「豆魚雷」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【開発ヒストリー】
ペダルとブレーキがない二輪車「ストライダー」 子供と遊びたい「イクメン親父」の心つかんだ「豆魚雷」

2歳から誰でも参加できる“世界最年少の二輪レース”がストライダーカップだ

 子供の遊び方に「自分と同じような不安を抱える親にもこの感動を伝えたい」と、すぐに米ストライダースポーツインターナショナルに電子メールで直談判。平成21年8月、日本で唯一の正規輸入代理店「ストライダージャパン」の地位を獲得した。

 当時、日本ではストライダーの知名度はほとんどなく、「流通経路の開拓もゼロから」(岡島氏)という手探りの状態だった。自転車販売店に営業に行ったとき、「何ですかこれ?」とけげんな顔をされたこともあった。

日本だけで30万台販売

 「バランス感覚を育てることができる」「ブレーキがない理由」など、岡島さんはストライダーの利点を自社のホームページで詳しく説明。横浜市内で雑貨店をしていた先輩が取り扱ってくれたことなどをきっかけに、「おもしろい乗り物がある」などと、口コミやメディアで話題となった。子供の外遊びの時間が少ないことや、体力の低下が社会問題となっていたことも後押しとなり、国内の累計販売台数は22年度の約2万台から25年度に約20万台と急速に増えた。

このニュースの写真

  • ペダルとブレーキがない二輪車「ストライダー」 子供と遊びたい「イクメン親父」の心つかんだ「豆魚雷」
  • ペダルとブレーキがない二輪車「ストライダー」 子供と遊びたい「イクメン親父」の心つかんだ「豆魚雷」

「ニュース」のランキング