産経ニュース

【日本の議論】『虫を寄せ付けない』は「根拠不十分」 消費者庁から摘発された虫除け防虫剤メーカーの“言い分”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本の議論】
『虫を寄せ付けない』は「根拠不十分」 消費者庁から摘発された虫除け防虫剤メーカーの“言い分”

消費者庁がパッケージなどの表記を「根拠不十分」として措置命令を出した4社の製品

 空間虫除け剤のパッケージに「虫を寄せ付けない」などと記載された表示内容は、「根拠不十分」と認定された。消費者庁は2月20日、景品表示法違反(優良誤認)として、販売している大手4社に再発防止などを求める措置命令を出した。平成19年に大日本除虫菊が「虫コナーズ」を発売して以来、成長を続けてきた市場に「待った」がかかった形だ。また、そもそもこれらの商品が対象としている虫はユスリカやチョウバエで、ハエや蚊などではない。それをパッケージには明記していても、消費者が誤認している懸念も浮上した。企業側の対応が求められている。

消費者庁は「表示の裏付けデータに合理的根拠なし」と判断

 措置命令が出された4社はアース製薬(東京都)▽興和(名古屋市)▽大日本除虫菊(大阪市)▽フマキラー(東京都)で、対象の商品は「バポナ虫よけネットW」「ウナコーワ虫よけ当番」「虫コナーズ」「虫よけバリア」など計30種類。消費者庁によると、対象商品の売り上げは平成25年度までで計約190億円に上るという。

このニュースの写真

  • 『虫を寄せ付けない』は「根拠不十分」 消費者庁から摘発された虫除け防虫剤メーカーの“言い分”

「ニュース」のランキング