産経ニュース

【金曜討論】〈同性パートナー条例〉石川大我氏「平等へのスタートライン」 長谷川三千子氏「結婚に結びつけられない」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【金曜討論】
〈同性パートナー条例〉石川大我氏「平等へのスタートライン」 長谷川三千子氏「結婚に結びつけられない」

 --渋谷区の条例案の背景には、同性カップルがアパートの入居や病院での面会を断られることがある

 「これは今回の問題とは切り離して考えるべき問題。むしろもっと一般的な形で、身寄りのない友人同士が同居して暮らしている場合、家族に準じた扱いを可能にするといったことも必要かと思う」

 --条例案が可決されれば早ければ夏ごろにも証明書が発行される。制度がもたらす国内への影響は

 「米国では州ごとに同性婚を認めるところが出てきて、これは世界中で一つのはやりになりつつあると思う。先ほど述べた通り、かつてキリスト教文化圏では同性愛があまりにも堅苦しく禁じられていた、その反動があるのかもしれない。いずれにしても、それを追う必要はなく、この条例案が国内へ影響をもたらすなどということにはなってほしくない。男性同士、女性同士の恋愛は少しもかまわない。でも、それは結婚ではないのです」

【プロフィル】石川大我

 いしかわ・たいが 昭和49年、東京都生まれ。40歳。明治学院大卒。平成14年に著書「ボクの彼氏はどこにいる?」でゲイであることをカミングアウト。参院議員秘書を経て23年に東京都豊島区議選で当選。

【プロフィル】長谷川三千子

 はせがわ・みちこ 昭和21年、東京都生まれ。68歳。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。専門は哲学。著書に「バベルの謎-ヤハウィストの冒険」「からごころ-日本精神の逆説」など。

関連ニュース

【日本の議論】渋谷区「同性カップル証明書」は社会を変えるか 否定的意見も、区は「条例案の根底は『違いを受け入れる』こと」

「ニュース」のランキング