産経ニュース

【戦後70年~大空襲(1)】なぜ米軍は東京大空襲を機に無差別爆撃に踏み切ったのか?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【戦後70年~大空襲(1)】
なぜ米軍は東京大空襲を機に無差別爆撃に踏み切ったのか?

1945年7月24日、日本本土を空襲する米軍の戦略爆撃機B29(ACME)

 先の大戦中の首都・東京への空襲は100回を超えるが、昭和20年3月10日の「東京大空襲」を機に、米軍は、一般市民をターゲットにした無差別爆撃に舵を切った。なぜ米軍は戦術を転換したのか-。

 20年1月20日、後に「米空軍の父」と言われる米陸軍航空軍司令官のヘンリー・アーノルド大将(後に空軍元帥)は、爆撃で成果を上げられない日本空爆の指揮官、ヘイウッド・ハンセル准将を更迭し、欧州戦線などの爆撃で成果を上げたカーチス・ルメイ少将(後に空軍大将)を任命した。

 ルメイ氏は、それまでの軍需工場への精密爆撃をやめ、一般市民を多数巻き込む無差別都市爆撃を計画した。ルメイ氏は戦後、自著で無差別爆撃を「全ての日本国民は航空機や兵器の製造に携わっている」と正当化している。

 さらにルメイ氏は、高度1万メートル近い高高度昼間爆撃から2千メートル前後の低空夜間爆撃に切り替えた。爆弾搭載量を増やすため機銃の大半は取り外させた。3月の時点で護衛戦闘機はなく、もし敵戦闘機に襲われても反撃のすべはない。B29搭乗員の多くは「死の宣告」と受け止めたという。

このニュースの写真

  • なぜ米軍は東京大空襲を機に無差別爆撃に踏み切ったのか?

「ニュース」のランキング