産経ニュース

【スポーツ異聞】反日「旭日旗=戦犯旗」批判“発信源”の韓国・大学教授がまたも…公式ガイドブックに因縁つける“蛮行”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
反日「旭日旗=戦犯旗」批判“発信源”の韓国・大学教授がまたも…公式ガイドブックに因縁つける“蛮行”

「反日」常習の韓国・大学教授が問題視したアジア杯のガイドブック

 韓国紙・朝鮮日報(電子版)は1月28日、反日批判を繰り広げる韓国・誠信女子大の徐敬徳教授が前日にアジア・サッカー連盟(AFC)に対しアジア・カップ公式ガイドブックに掲載された「旭日旗」による応援写真の削除を要求する書簡を送ったと報じた。同教授はこれまでも反日批判の広告を米紙に掲載するなど、執拗な反日活動を行っている。朝鮮日報によると、今回も「旭日旗」が「戦犯旗」であると従来の主張を繰り返し「『戦犯旗』に関し正確な事実を知らせることが重要だ」などと話す。ただ、アジア杯が開催された豪州では騒動になるどころか、全く問題視されていなかったという。

 4年に1度開催されるアジア杯。2月1日まで行われた今回は豪州で16カ国が参加して実施された。その公式ガイドブックには日本人サポーターが顔に「旭日旗」をペインティングするなどした応援シーンが掲載された。

 すると、徐敬徳教授は豪州大会組織委員会とシェイク・サルマン・アル・ハリファAFC会長、AFCに所属する46カ国のサッカー協会長に写真の削除を求める書簡を送付した。昨年のワールドカップ(W杯)ブラジル大会で日本代表が着たユニホームに「旭日旗」の模様が使用されているなどと批判した米紙ニューヨーク・タイムズに掲載された広告のファイルなどを添付した。

「『ナチスの旗=戦犯旗』ということを全世界に知らしめるよう広報を…」

「ニュース」のランキング