産経ニュース

【朝鮮半島ウオッチ】「平壌の建設現場に外国製機関銃」「大型車が突っ込もうとした」…次々発覚する“正恩暗殺情報”、「死刑は火炎放射器」とも

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【朝鮮半島ウオッチ】
「平壌の建設現場に外国製機関銃」「大型車が突っ込もうとした」…次々発覚する“正恩暗殺情報”、「死刑は火炎放射器」とも

 北朝鮮の金正恩第1書記に暗殺者の影が迫っていたとの暗殺未遂情報が続々と出ている。具体的な事例が伝えられたのは2例で、これらが事実であれば、金正恩氏は過去3年間狙われ続けていたことになる。今年は朝鮮労働党創建70年の節目で厳戒態勢下での金正恩氏の野外行動が活発化しているが、一方、北朝鮮からは国内で幹部らの極刑による粛清や公開処刑の情報が増えている。指導者自身の恐怖心が招く恐怖統治。北朝鮮内で“恐怖の連鎖”が深刻化している。(久保田るり子)

第1の暗殺未遂事件

 第1の事件は韓国紙「東亜日報」(昨年11月4日)が報道した。発生は約2年前の2012年11月3日だった。報道によると、金正恩氏の現地視察当日朝、平壌市内の野外スケート場など3カ所の建設現場周辺で、外国製機関銃が隠されているのが発見されて発覚したという。

 金正恩氏の日程は北朝鮮の最高機密だ。特に監視の厳しい平壌に機関銃を持ち込まれていたことから、「事件の背後には大物がいる」と判断され、「一番有力な容疑者として叔父の張成沢が注目された」(東亜日報)という。

 結局、実行犯は捕まらなかった。だが、張成沢氏に対しての尾行などの調査がこのときから始まったという。金正日氏の急死以降、金正恩氏の最側近として隆盛を極めていた張成沢氏だが、このころ突然のように公開行動の姿が消え、韓国では粛清説が流れた。

続きを読む

関連ニュース

【朝鮮半島ウオッチ】金正恩氏の初外遊先はロシアか?「2020年までに貿易総額10倍に」朝露急接近のワケは…

「ニュース」のランキング