産経ニュース

【トレンド日本】「もう1人でも怖くない」 大学公認“ぼっち席”学食に広がる 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【トレンド日本】
「もう1人でも怖くない」 大学公認“ぼっち席”学食に広がる 

対面の人と視線が合わないよう中央を仕切った「ぼっち席」。1人でも食堂を利用しやすくなると学生には概ね好評だ=埼玉県東松山市の大東文化大・東松山キャンパス

 大テーブルに相席が基本だった大学の学生食堂で「ぼっち席」と呼ばれる1人用の席が広がっている。テーブルの上に仕切りを設けて、対面する人の顔を見えなくした。1人で食事をするのが好きな学生が増えたというより、1人で食事をしているのを見られたくないという心理に配慮したようだ。(村島有紀)

仕切りで遮断

 「『ぼっち席』がなかったときは、一人で食べるのがいやで、おにぎりを買って次に授業のある教室で食べたりしていた。こういう席があるほうが1人でも使いやすい」

 大東文化大の東松山キャンパス(埼玉県東松山市)にある学生食堂。バレーボールサークルに所属する2年生の男子学生(19)は、こう話す。

 ぼっち席は、6人テーブルの中心に高さ約50センチの半透明のプラスチック板が設置された席のこと。対面の人の顔は見えず、カウンターに座っているような状態になる。

 「ぼっち」は「ひとりぼっち」の意味で、主に友人や恋人のいない状態を指す。全375席のうち72席が、こういった「ぼっち席」だ。

 同大によると、設置したのは平成24年から。学生の保護者が所属する父母会から「学食のテーブルが部活やサークルの集団に占領されている。個人利用の席を確保してほしい」という要望を受けてのことだ。

このニュースの写真

  • 「もう1人でも怖くない」 大学公認“ぼっち席”学食に広がる 
  • 「もう1人でも怖くない」 大学公認“ぼっち席”学食に広がる 

関連ニュース

【トレンド日本】「就活」戦線異常あり…“短期決戦”のはずが「インターン」「企業カフェ」増え、長期化へ

「ニュース」のランキング