産経ニュース

【衝撃事件の核心】女装して猥褻行為繰り返した32歳 張り込み捜査員が目撃した「一部始終」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
女装して猥褻行為繰り返した32歳 張り込み捜査員が目撃した「一部始終」

 茨城県小美玉市やその周辺で今年9月上旬から10月にかけて、女装した男が女子高生や女子中学生を襲い、わいせつな行為をする事件が相次いだ。捜査の結果、女子中学生にわいせつな行為をしたとして、県警に強制わいせつの容疑で10月に逮捕されたのは、同県かすみがうら市安食の会社員、藤井勝義被告(32)=強制わいせつ罪などで起訴。捜査関係者によると、藤井容疑者は女装して女子生徒らを油断させたうえで犯行に及んでいたとみられるという。藤井容疑者の出没時間や行動パターンなどを割り出し、小美玉市のJR常磐線羽鳥駅で張り込みを続けていた県警の捜査員が見た一部始終とは。

ポニーテールの女子高生?

 10月29日午後9時過ぎ、一人の「女」が獲物を探すかのように小美玉市羽鳥の羽鳥駅付近を徘徊(はいかい)し、あたりを見回していた。茶髪のポニーテールに紺色のセーターと高校の制服のようなスカートを着用し、スカートの裾からのぞく足には黒色のタイツ姿。白いマスクで顔を覆っており、「一見すると女子高生に見えなくもない」藤井容疑者のその姿は、郊外にある人通りの少ない駅の闇に紛れていたが、捜査員の目から逃れることはできなかった。

 電車が駅に到着し、改札口から通勤通学客ら十数人がはき出されると藤井容疑者は、自宅に向かって歩き出した女子高生に狙いを定め、音もなく近づいた。周囲を見回して人通りのないことを確認すると、藤井容疑者は女子高生の背後に迫り、まさに行動を起こそうとした。

 そのとき、偶然1台の乗用車が通りがかり2人の姿がヘッドライトに照らし出された。藤井容疑者がひるんだその瞬間、すぐ近くで様子を監視していた捜査員が「女」に声をかけた。

 「おい、お前なにやってんだ」。1カ月以上にも及ぶ石岡署と捜査1課の張り込み捜査が終結した瞬間だった。

「ニュース」のランキング